ダイビング保険のメリットと注意点

ダイビングによる怪我を負った時、日本国内での事故なら治療費の負担は3割負担で済みますが、海外では健康保険は適用されません。
また日本でも緊急の場合はより高額な治療費が請求されますし、補償されるのは怪我による治療費だけです。
ダイビング専用の保険ではそういった事故が起きた時に様々なサービスを受けることができます。
海外での怪我に対する治療費はもちろん、家族の渡航費や捜索に関する救援者費用や機材破損時の補償など治療費以外の費用に関しても補償されます。
補償される内容は会社やプランによって違うので事前によく調べる必要があります。
治療費に対する補償でも一部の国での事故は補償されないなど例外となる条件が設定されているものもあります。
企業によるものだけでなくダイビングツアー付属のものもありますが、ツアー中に怪我をした際に支払われる管理下損害保険と、店側に過失があることが認められて初めて支払われる損害賠償保険の二通りがあるのでよく確認しておく必要があります。

ダイビングをするのなら保険が大切です

ダイビングはとても魅力的なスポーツです。
海に潜るとそこには美しい景色が広がります。
魚と一緒に泳いだり、きれいな魚を見たりと、日常を忘れるような体験ができます。
しかしそれと同時に危険なスポーツでもあります。
水の中は私たちが生活している地上とは全く違います。
ダイビング中に怪我をしたり、水圧により体調が悪くなることもあります。
しかし日本国内であれば、ダイビング中の事故や怪我であっても健康保険が適用されるため、3割程度の自己負担ですむことが多いです。
しかし海外ではそうもいきません。
そんなもしもに備えるのがダイバー保険です。
ダイビングをする人が多い今では、たくさんの種類があります。
旅行会社やダイバーショップで取り扱っているものや、クレジットカードに付帯しているものもあります。
内容も充実しており、高額保障してくれるものから医学的相談を受けられるもの、水中カメラの故障に対応しているものもあります。
保険料の支払いは、年会費式、月払い式、旅行日数に応じたものまで本当にさまざまです。
海外での事故や怪我だけでなく、日本国内での事故や怪我にも備えられるダイバー保険に加入することを検討してみるのもよいかもしれません。

Favorite

美容ハサミ専門店
https://www.hien-scissors.jp/

最終更新日:2017/5/9

copylight 2015 もっと深く All Rights Reserved.