ダイビングをするなら、軽機材で楽しもう

ダイビングをするにはまず機材が必要となります。
機材は、重機材と軽機材の2種類があります。
お手軽に楽しみたいのであれば後者で十分です。
それならばシュノーケル、ウェットスーツ、マスク、フィン、グローブさえあれば海に潜ることができます。
そして低コストでダイビングできるのが何よりもメリットであると言えます。
ダイビングをするなら沖縄の海が一番おすすめです。
沖縄県でも、特に沖縄の恩納村では「青の洞窟」と呼ばれる海があります。
そこは名前の通り青い海神秘的で、幻想的な空間が広がっています。
更に日常生活では触れることのできない魚に近づいたり、サンゴ礁を鑑賞する事ができます。
泳げなくて不安に思う方がいらっしゃるかもしれませんが、その点は心配無用です。
現地の方々が泳ぎ方のレクチャーをしてくれます。
それだけではなく、困ったことがあれば親切に対応してくれます。
恩納村は那覇空港からおよそ1時間程度です。
交通アクセスもさほど不便ではないので沖縄に行った際、是非一度青の洞窟でダイビングをしてみてはいかがでしょうか。

ダイビングの機材はレンタルで

マリンスポーツの代表格の一つにダイビングが挙げられますが、使用する機材を一から個人で揃えるとなると多額の出費を覚悟しなければなりません。
シュノーケルや水中メガネなどの小物はそこまで値の張る物ではありませんが、ダイビングスーツやレギュレータなど必要な機材を全部そろえるのは大変になります。
年に何度も海に潜り、手入れや修理などを自分で行うことができるのならそうでもありませんが、年に数回潜る程度で手入れや修理ができないのならダイビングのツアーなどで行っているレンタルをした方が無難になります。
自分で手入れや修理ができない場合、いざダイビングに行こうとした時に不備があったり故障して使えないなどということもあり得ることで、気づかずに行ってしまうと大きな事故につながることもあります。
また機材を保管しておくにもそれなりのスペースが必要となり、そのスペースを用意するのも大変になります。
安全にダイビングをするのなら機材はレンタルするほうが無難で、維持費がかからない分安くつきます。

recommend


医療脱毛をする


2019/3/7 更新

copylight 2015 もっと深く All Rights Reserved.